呉市が宿直勤務の嘱託職員に賃金未払い

9月26日、広島県呉市は市役所や市民センターなど計21施設で宿直勤務した嘱託職員に対し、仮眠時間分の賃金を支払っていなかったなどとして、呉労働基準監督署から是正勧告を受けたと発表した。勧告は9月11日付。

市によると、過去2年間で90人以上に未払いがあり、総額計約1億9000万円に上る。辞めた人も含め、勤務状況を確認後、速やかに支払うという。

市は閉庁時間帯の庁舎管理や来庁者対応のため、嘱託職員を雇用。宿直勤務は午後5時15分~翌日午前8時半で、仮眠時間も電話や届け出に対応する必要があるため、勤務時間に含まれる。(時事)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000187-kyodonews-soci

ツルハ

2019/09/26 (Thu) 20:37 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ