東広島市西条町で高齢者同士の車が衝突、82歳の女性が死亡

9月25日午後、東広島市で、いずれも高齢者ドライバーが運転する普通乗用車と軽乗用車が衝突する事故があり、軽乗用車に乗っていた82歳の女性が死亡した。25日午後0時半すぎ、東広島市西条町の市道の交差点で普通乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突した。

この事故で、軽乗用車を運転していた82歳の男性の妻で、東広島市和町の久保田幸子さん(82)が病院に運ばれたが、腹部などを強く打っていて、およそ4時間半後に死亡が確認された。

警察によると、事故現場は田んぼに囲まれた信号機のない交差点で、見通しはよいという。普通乗用車を運転していたのは、東広島市内に住む学校法人の役員を務める71歳の女性で、警察が女性から当時の状況を詳しく聞くなどして、事故の原因を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ