JR可部線で女性が踏切内に侵入し列車にはねられ死亡

9月24日朝早く、広島市安佐南区にあるJR可部線の踏切で女性が列車にはねられ、死亡する事故があった。24日午前6時50分頃、広島市安佐南区緑井のJR可部線・七軒茶屋駅構内の踏切で、4両編成の上り列車が女性をはねた。はねられた女性は成人女性とみられ、その場で死亡が確認された。車内にいた乗客およそ400人にけがはなかった。

JRによると、遮断機と警報機が作動中、女性が踏切内に進入してきたため、運転士が非常ブレーキをかけたが、間に合わず接触したという。この事故の影響で可部線は、「緑井駅」から「あき亀山駅」の間で上下合わせて17本が運休し、最大で2時間の遅れが発生するなどおよそ8000人に影響が出た。(TSS)




JR可部線 七軒茶屋 人身事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ