呉市連続コンビニ強盗犯がまたコンビニに押し入って簡単に逮捕される

9月23日午後、20代の男が呉市のコンビニエンスストアに刃物を持って押し入り、現金を奪った疑いで緊急逮捕された。23日午後2時頃、呉市阿賀南のコンビニエンスストアで男がレジに1人でいた女性店員に包丁をつきつけておどし、ジェスチャーで金を出すよう指示した。

店員が現金1万5千円を手渡すと男はこれを奪ってバイクに乗り逃走。およそ10分後に、警察が現場付近の交差点でバイクに乗っていた男を緊急逮捕した。男は「間違いない」と容疑を認めているという。

呉市内では、同じような手口で一昨日コンビ二強盗が発生、さらに昨日は、2件の未遂事件が起きていた。公開された手配写真によく似ているということで警察は、この男の連続犯行の可能性があるとみて捜査している。(TSS)


強盗事件の関与ほのめかす供述

9月23日に呉市のコンビニエンスストアで現金が奪われた事件で、強盗の疑いで逮捕された27歳の男が警察の調べに対し、市内のコンビニエンスストアで相次いでいる3件の強盗や強盗未遂事件への関与をほのめかす供述をしているという。

23日午後2時半ごろ、呉市阿賀南のコンビニエンスストア「セブンイレブン呉市阿賀南8丁目店」に男が押し入り、現金およそ1万5000円が奪われた事件で、近くにいた呉市広横路の自称警備員、竹田英司容疑者(27)が強盗の疑いで逮捕された。警察によると、調べに対し、容疑を認めているという。

呉市内では、このコンビニエンスストアの半径およそ2キロ以内で、9月21日から22日にかけて強盗や強盗未遂事件が3件相次いでいて、その後の調べに対し、3件の事件への関与をほのめかす供述をしていることが分かった。3件の事件では犯人の男の特徴がよく似ているということで、警察は竹田容疑者が関与した疑いがあるとみて引き続き捜査している。(NHK広島)


呉市阿賀南 セブンイレブン


竹田英司容疑者(27)


呉市 竹田容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ