太田川に沈んだ車から男女3人の親子が見つかる

9月20日夜遅く、広島市で川に沈んでいた乗用車の中から男女3人が見つかり、その後、死亡が確認された。20日午後11時40分ごろ、広島市西区観音新町で「川の中に車が落ちている」と通りかかった人から消防に通報があった。消防隊員が駆けつけたところ、屋根の部分まで水没している乗用車の中から男性1人と女性2人が心肺停止の状態で見つかり、3人はその後、死亡が確認された。死亡したのは83歳と54歳の女性、それに52歳の男性で、3人は広島市西区大宮の同じ家に住む親子だったという。

警察によると、川から引き上げられた車には衝突したような形跡はなかったほか、現場近くの道路にはブレーキをかけた跡は見られなかったという。現場は広島湾に注ぐ太田川放水路の河口から北に1キロあまり離れたところで、周辺には野球場や工場などがある。警察は3人の死因や当時の状況を詳しく調べている。(NHK広島)



広島市 太田川 自動車水没

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ