「カープの年間指定席を譲りたい」詐欺容疑で福山の元保険屋を再逮捕

9月17日、福山東署は詐欺の疑いで、福山市の無職の男(56)=同罪で公判中=を再逮捕した。再逮捕容疑は1月下旬ごろ、代表取締役の男性(48)に「知り合いがカープの年間指定席を譲りたいと言っており、4席を40万円で用意できる」などと架空の話を持ちかけ、2月1日、同市内の飲食店で現金40万円をだまし取った疑い。「だますつもりはなかった」と容疑を否認している。

容疑者は元保険代理店勤務。架空の預金話を持ち掛け、県内の会社役員の女性(63)から1億5千万円余をだまし取ったとして6月26日、福山北署に再逮捕されたのをはじめ、同様手口の犯行を重ねたとされる。(山陽新聞)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ