広島市職員が41歳女性のスカートの中を盗撮して現行犯逮捕される

広島南署は9月11日午後6時ごろ、広島市西区横川町2丁目、広島市下水道局技術員高井勇司容疑者(36)を県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、南区の商業施設で、保険外交員女性(41)のスカートの下にスマートフォンを置いた買い物籠を差し入れて、スカートの中を動画撮影した疑い。被害者が気付いて110番した。同署によると高井容疑者は容疑を認めているという。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ