江田島市議が視察先の福岡で深酒してトラブル

江田島市議会の胡子雅信市議(48)が、深酒による体調不良で視察先のセミナーに参加できなかったことを理由に、議会改革推進特別委員会の委員長と委員を辞任したという。市議会事務局などによると、胡子氏は8月1日から1泊2日の日程で、特別委メンバーたち10人と福岡県内を視察。2日午前1時すぎ、福岡市内の店で1人で飲酒した際、大声を上げるなどしたため店側とトラブルになった。自らの通報で駆け付けた警察官に一時保護されたという。体調がすぐれず、同日に同市内であったセミナーを欠席した。

胡子氏は8月28日付で委員長と委員を辞任。林久光議長から厳重注意を受け、視察費用は弁済した。胡子氏が「辞任はセミナーに参加できず職責を果たせなかったため」と説明。「深酒が過ぎた。反省している」と話している。委員長の後任には副委員長の酒永光志氏が互選された。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ