JR西広島駅前開発「ひろでん会館跡地」3年間は広場

広島市西区にある「ひろでん会館」の跡地について広島電鉄は、最終的な活用策が決まるまでの間、小規模な店舗などを備えた広場として整備し、今年12月にオープンする計画を発表した。広島電鉄によると、「ひろでん会館」跡地に整備される広場は、およそ1200平方メートルの広さにイベントなどが開催できる屋外のコミュニティ施設を設けるほか、テイクアウトをメインとする複数の飲食店などを出店させ、地域に開かれたスペースとして活用する。

「ひろでん会館」跡地の活用をめぐっては、民間による高層複合ビルの建設案なども浮上しているが、広島市が進めるアストラムライン延伸計画など、JR西広島駅周辺の再開発の状況が不透明なため、最終的な活用策はまだ決まっていない。広場としての活用は、完成から3年間を計画していて今年12月下旬にオープンする予定。(TSS)




西広島駅


関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ