広島市職員が中央卸売市場で同僚が使う刃物を損壊させ逮捕される

8月28日、広島西署は広島市西区福島町1丁目、市職員菊岡睦容疑者(43)を器物損壊と偽計業務妨害の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、7月22日午前8時50分ごろ、勤務する西区草津港1丁目の市中央卸売市場食肉市場で、同僚の男性(45)が業務で使う刃物4本を鉄製ロッカーなどにこすりつけて壊し、業務を妨害した疑い。

同署によると、「全く心当たりがありません」と否認しているという。食肉市場によると、菊岡容疑者は食肉市場の技術員。同僚男性は7月上旬に同様の被害に遭ったため、ロッカーを撮影。録画された映像から容疑が浮上したという。同署は、2人の間のトラブルの有無などを調べている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ