東広島消防署長が強制わいせつの疑いで逮捕される

東広島消防署の署長が、女性の腕をつかんで体をひき寄せるなどのわいせつな行為をしようとした疑いで逮捕された。東広島消防署長の檜山伸一容疑者(60)は7月17日の午後2時ごろ、東広島市内に駐車した自分の車の中で女性の腕をつかんで、体をひき寄せるなどのわいせつな行為をしようとした疑いがもたれている。

女性が2日後に警察に相談したことから事件が発覚した。調べに対し「まちがいない」と容疑を認めているという。東広島市によると、檜山容疑者は2016年4月から署長を務めていて、事件当日は夏休み中だったという。東広島市消防局の石丸泰三消防局長は「事実関係を確認の上、厳正に対処する」とコメントしている。(HOME)




東広島消防署

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ