自転車を蹴って転倒させた会社員の男を現行犯逮捕

広島中央署は8月19日午前4時10分ごろ、広島市安佐南区祇園6丁目、会社員新潟紹樹容疑者(21)を傷害の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、中区舟入町の路上で、アルバイト従業員女性(23)が乗っていた自転車を蹴って転倒させ、膝などにけがを負わせた疑い。新潟容疑者は女性と面識がなく、酒を飲んでいたという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ