尾道で台風のため船を係留作業中に波にあおられて海に転落した男性が死亡

8月15日午前、尾道市で台風に備えて岸壁に船を係留する作業をしていた82歳の男性が波にあおられて海に転落し、死亡した。15日午前10時半ごろ、尾道市因島三庄町の小用桟橋の西側で、近くを通りかかった人から「男性が海に転落した」と消防に通報があった。

尾道市などによると、海に転落したのは因島に住む82歳の男性で、救助され病院に搬送されたが死亡した。男性は、妻と2人で台風に備えて岸壁に船を係留する作業をしていたところ、波にあおられて海に転落したという。

気象台によると、男性が海に転落した午前10時半頃、因島の隣にある生口島で観測された最大風速は、11.7メートルだったという。警察が当時の状況を詳しく調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ