知人女性の脇腹を踏み付けて4週間のけがを負わせた男を逮捕

8月10日、福山北署は住所不定、無職矢野泰弘容疑者(49)を住居侵入と傷害、暴力行為法違反の疑いで逮捕した。逮捕容疑は7月16日午後8時50分ごろ、福山市内の知人女性(49)方に侵入し、女性の脇腹を数回踏むなどして、あばら骨を折る約4週間のけがを負わせた上、女性方にあった包丁を突き付けて脅した疑い。同署によると、「包丁は突き付けていないが、その他は間違いない」と供述しているという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ