8月6日原爆の日の参加デモ団体が明らかになる

「原爆の日」の8月6日、原爆ドーム(広島市中区)周辺では今年も平和記念式典が開かれている時間帯に、デモ団体が相次ぎマイクスピーカーを使うなどして活動した。憲法9条改正を目指す安倍晋三首相を批判し、反戦反核を訴える団体や、こうした主張に異を唱える保守系団体など少なくとも6グループで、計約700人が集まった。

式典会場にある原爆慰霊碑の北約350メートル。原爆ドーム北側で午前6時前、「8・6ヒロシマ大行動」実行委員会メンバーがデモの場所取りを始めた。新左翼グループの一つ、中核派による機関紙「前進」の旗も見える。

主催者発表で約500人が参加。午前7時すぎから次々とマイクを持ち、スピーカーを通じて核兵器廃絶の訴えや安倍政権への批判を続けた。

原爆投下時刻の午前8時15分には黙とう。その後、元安川沿いを南へと声を上げてデモ行進した。式典で安倍首相があいさつする8時半ごろには、慰霊碑から北東約200メートルの元安橋東詰めに立ち止まり、拡声器で「憲法の改悪を許さないぞ」「広島、長崎を繰り返すな」と声を張り上げた。

このほか早朝にドーム北側に集まったグループは概ね、黙とうの時間帯までに拡声器を使った活動を終えた。

別の新左翼グループ「解放派」などと書いたゼッケンと水色のヘルメット姿の約30人は大半が高齢の男性で、「首相の式典出席を弾劾する」などと訴えた。

宗教団体日本山妙法寺の僧侶たち約15人は、うちわ太鼓をたたきながら反核を主張。

市民団体「ピースリンク広島・呉・岩国」「第九条の会ヒロシマ」のメンバーたち約130人は、地面に倒れて原爆の悲劇を再現する「ダイ・イン」で反核を訴えた。

一方、保守系団体「日本暁乃会」などの約10名も集合。一部はデモ参加者に「核兵器をなくしたいなら、北朝鮮に言え」などと詰め寄り、騒然とする場面もあった。

また、元安川沿いでは「広島無政府主義研究会」の呼び掛けで集まったという約10人が集会を開いた。黙とうの時間帯にも、拡声器で「安倍(首相)は帰れ」と声を荒げ続けた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ