そごう広島催涙スプレー万引き犯が逮捕される

7月、広島市中心部で本を万引きした男が催涙スプレーをまき、3人が軽傷を負った事件で、無職の男が強盗致傷の疑いで逮捕された。逮捕されたのは住居不定・無職の薮元勝美容疑者(54)。警察によると、薮元容疑者は7月27日午後7時前、広島市中区紙屋町の商業ビル6階にある書店で、漫画本17冊・時価1万729円相当を万引きした際、追いかけてきた保安員の女性や通行人、合わせて3人に催涙スプレーで軽傷を負わせた疑いがもたれている。警察は防犯カメラの映像などを解析した結果、薮元容疑者の犯行とみて行方を追っていた所、広島市内で警察官が発見。8月5日午後4時過ぎ、強盗致傷の疑いで逮捕した。調べに対し薮元容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。(TSS)



広島そこう 万引き犯人

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ