福山の飲食店従業員が知り合いの女性の顔面を殴る蹴る

8月3日、福山東署は福山市伊勢丘4丁目、飲食店従業員貞宗大輔容疑者(26)を傷害の疑いで逮捕した。逮捕容疑は同日午前6時50分ごろ、自宅で市内の知り合いの飲食店従業員女性(31)の顔面を殴る蹴るなどし、右目付近の骨を折るなどのけがをさせた疑い。同署によると、「覚えていない」などと供述しているという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ