美鈴が丘団地でひき逃げ事故 80歳男性骨折

7月31日午後、広島市内で77歳の男が車を運転中に横断歩道で高齢男性をはね、重傷を負わせたまま逃走したとして逮捕された。ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、広島市佐伯区美鈴が丘緑の会社役員・大屋博容疑者(77)。警察によると、大屋容疑者は31日午後4時前、広島市佐伯区美鈴が丘西で交差点を乗用車で右折した際、横断歩道を歩いて渡っていた80歳の男性をはね、そのまま逃走した疑いが持たれている。男性は足の骨を折る重傷。警察が捜査中、大屋容疑者が現場に戻ってきたということで、調べに対し「人に当たったとは思わなかった」と供述している。(TSS)




広島市佐伯区 ひき逃げ事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ