庄原の保育施設で女児にわいせつ行為をした保育士を逮捕

7月下旬、庄原市内の保育施設で当時勤めていた28歳の保育士の男が施設に通う女の子の下半身を触ったとして、強制わいせつの疑いで逮捕された。逮捕されたのは、庄原市東城町の無職・賀島侑弥容疑者。警察によると、賀島容疑者は7月下旬、当時、勤めていた庄原市内にある市立の保育施設で、昼寝をしていた女の子の下半身を触ったとして、強制わいせつの疑いが持たれている。

保育施設を管轄する庄原市役所が警察へ情報提供し捜査を行ったところ、容疑が固まったことから賀島容疑者の逮捕に至った。現在、賀島容疑者は、保育施設を辞めていて警察の取り調べに対して「触ったことは間違いない」と容疑を認めている。警察は、犯行動機や経緯などについて詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ