尾道市で住宅8棟が火事 1人の遺体が見つかる

7月30日朝早く、尾道市で住宅など8棟が焼ける火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかり、2人がけがをして病院に搬送された。30日午前5時すぎ、尾道市久保3丁目にある森川良三さん(83)の工場を兼ねる2階建ての住宅の1階から火が出ていると消防に通報があった。

消防車など21台が出て消火にあたり、火はおよそ3時間半後に消し止められたが、これまでに森川さんの住宅が全焼したほか、隣接する住宅の一部など7棟が焼けた。

警察によると、この火事で森川さんの住宅の焼け跡から1人の遺体が見つかり、森川さんの81歳の妻と56歳の長女がけがをして病院に搬送された。警察は、遺体は火事のあと連絡がとれていない森川さんとみて身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べている。現場はJR尾道駅から北東に1.5キロほどの住宅が密集する地域。(NHK広島)




尾道市久保 森川 火事

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ