ちょっと危ない三段峡の遊歩道から転落した男性が負傷 消防ヘリで救助

7月28日、安芸太田町の三段峡で、行楽に来ていた高齢の男性が遊歩道から転落してケガをし、ヘリコプターで救助された。28日午後1時すぎ、安芸太田町の三段峡で、「男性が遊歩道から5メートルほど下の斜面に転落してケガをしている」と男性と一緒に来ていた人から119番通報があった。

現場は「三段峡ホテル」から更に2キロほど北に上ったところで、広島市消防局のヘリコプターが約2間後に男性を谷から救助した。助けられたのは66歳の男性で、意識はあるものの頭などを打って出血し、足を骨折した疑いもあるという。男性はグループで来ていて、警察は岩場の遊歩道から足を滑らしたのではないかとみて事故の原因を調べている。(TSS)




安芸太田町 三段峡 事故



三段峡 遊歩道01



三段峡 遊歩道02

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ