なか卯「広島十日市店」で従業員2人が一酸化炭素中毒で重症

7月28日未明、広島市中区にある大手の丼チェーン「なか卯」の店舗で、調理をしていた女性従業員2人が意識がもうろうとなり、病院に搬送された。警察によると、2人はいずれも一酸化炭素中毒で重症だという。

28日午前3時前、広島市中区にある大手の丼チェーン「なか卯」の「広島西十日市店」で、「従業員2人の体調が悪くなった」と店の男性従業員から消防に通報があった。この店は24時間営業で、34歳と47歳の女性従業員2人が、調理をしていた際に気分が悪くなったという。

女性たちからの連絡を受けて別の従業員が駆けつけたところ、2人は意識がもうろうとしていて、病院に搬送された。2人は、血液中の一酸化炭素の濃度が高いうえ、意識がはっきりとせず、いずれも一酸化炭素中毒で重症だという。警察によると、店の換気扇が壊れていたということで、換気不足が原因で一酸化炭素中毒になったとみて詳しく調べている。(NHK広島)



なか卯「広島西十日市店」

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ