そごう広島のバスセンターで窃盗男がスプレーを撒き散らしながら逃走

7月27日午後、広島市内の書店で本を窃盗した男が逃げる際、同じ建物の中にあるバスセンターでスプレーのようなものをまいたという。追いかけてきた警備員や近くにいた利用者など複数の人が目の痛みなどを訴えている。

27日午後6時45分すぎ、広島市中区の商業施設の6階にある書店で本を窃盗した男が逃げる際、同じ建物の3階にある広島バスセンターの出入り口付近で追いかけてきた警備員に向けスプレーのようなものをまいた。警察によると、警備員と近くにいた利用者合わせて6人が目の痛みなどを訴え、このうち3人が病院に運ばれたが、命に別状はないという。

現場では、救急車と消防車13台が出動して対応にあたり建物周辺は一時、騒然とした。警察によると、男は逃げていて防犯カメラの映像から年齢が50歳から70歳ぐらいで野球帽をかぶり眼鏡をかけていて半袖半ズボン姿だったということで、警察は事後強盗の疑いで男の行方を捜査している。 (NHK広島)



広島バスセンター スプレー男逃走

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ