多々羅大橋の橋脚にプレジャーボートが衝突して男性1人が死亡

7月27日午後、尾道市の海上で男性2人が乗ったプレジャーボートが橋脚に衝突し、1人が死亡した。27日午後2時ごろ、尾道市の生口島と愛媛県今治市の大三島を結ぶ多々羅大橋の生口島側で、「橋脚部分に船が衝突している」と近くを航行中のほかのプレジャーボートから第6管区海上保安本部に通報があった。

尾道海上保安部で巡視艇などを出動させたところ、長さおよそ7メートル50センチのプレジャーボートの船首の部分が橋脚に突き刺さるような状態で衝突しているのが見つかった。海上保安部によると、プレジャーボートには男性2人が乗っていて、このうち、三原市の会社員、永原一志さん(58)が救急車で尾道市内の病院に運ばれたが、27日午後4時半すぎに死亡が確認された。

また、もう1人の船の所有者の男性もケガをして病院に搬送された。現場は事故当時晴れていて、波はほとんどなく、視界は良好だったということで、海上保安部で事故当時の状況などを詳しく調べている。(NHK広島)




多々羅大橋 事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ