福山市東川口町の交差点で小学生を車ではねて逃走した女を逮捕

7月26日、福山市内の交差点で、自転車に乗っていた小学生の男の子をはね、大けがを負わせて逃げた疑いで無職の女が逮捕された。逮捕されたのは、福山市西新涯町に住む無職、臼杵美奈子容疑者(55)。調べによると、臼杵容疑者は、26日午後3時15分ごろ、福山市東川口町の交差点で軽自動車を運転中、小学4年生の男の子(9)が乗った自転車と出会い頭に衝突し、頭の骨を折る大けがを負わせた。目撃者によると、臼杵容疑者は、いったん車から降りて男の子に声をかけたが、その後、逃走したという。警察は、目撃情報などから27日午前、臼杵容疑者を逮捕した。臼杵容疑者は容疑を認めているという。(TSS)



福山市東川口町 ひき逃げ事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ