カープ野間選手(26)が怠慢プレーで緒方監督がブチキレ!ひっぱたかれる

7月24日、広島東洋カープは緒方孝市監督(50)が6月末の試合後、野間峻祥選手(26)を平手で複数回たたいたと発表した。球団は7月15日付で緒方監督を厳重注意処分とし、同監督が同日、野間選手を含む全選手に謝罪したことを明らかにした。球団によると、6月30日のDeNA戦(横浜スタジアム)の延長11回、内野フライを放った野間選手が全力疾走を怠った。飛球は野手が捕れなかったが、野間選手は一塁でアウトになった。試合後、緒方監督が監督室で野間選手を平手で複数回たたいたという。

球団は、7月5日にチーム内からの報告で事態を把握。2人を聴取した。会見した鈴木清明球団本部長は「(野間選手に)けがはなく、プレーができている。緒方監督が手を出したのは初めてであると確認した。手を上げる行為はいかなる理由があっても正当化されない。ただ、野間からは監督に不平不満は一切なく、この問題を大きくしてほしくないという要望があった」と説明した。

7月24日の中日戦後、緒方監督は「手を上げてしまったのは事実です。深く反省しています」と話した。球団は今後、首脳陣だけでなく選手同士でも、ないように再発防止を呼び掛けた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ