「しばけよ」傷害教唆と監禁で20歳の大学生らを逮捕

7月25日、大竹署は広島市佐伯区楽々園1丁目、大学生須崎宝文(20)と、同区の解体作業員少年(19)の両容疑者を傷害教唆と監禁の疑いで逮捕した。逮捕容疑は2人は共謀し、7月8日、広島市内から大竹市内を走行中の軽乗用車内で広島市西区の会社員少年(19)=傷害容疑で逮捕=に対し、「しばけよ」などと唆し、会社員少年に大竹市晴海2丁目の公園で同市の会社員男性(20)を蹴るなどさせて約1カ月のけがを負わせた疑い。また、3人は共謀し、会社員男性を軽乗用車に乗せ、大竹市御園2丁目の駐車場から同市晴海2丁目の公園まで監禁した疑い。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ