バイク3台で信号無視や蛇行運転を繰り返した建設作業員と少年2人を逮捕

7月23日、県警少年対策課と安佐南署の合同捜査本部は、いずれも広島市安佐南区の建設作業員(17)と通信制高校生男子(18)の少年2人を道交法違反(共同危険行為)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、他の区内の少年と共謀して18年7月13日夜、安佐南区高取北の県道などをミニバイク3台で並走し、信号無視や蛇行運転を繰り返した疑い。同署によると、3人は中学時代の先輩と後輩。巡回中の県警自動車警ら隊員が暴走行為を見つけて追跡。見失ったため、周辺の防犯カメラなどから特定したという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ