呉で同居している兄とけんかして背中をナイフで刺した弟を現行犯逮捕

呉署は7月21日午後7時半ごろ、呉市寺本町、自称アルバイト森伸二容疑者(53)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、自宅で同居している兄(55)の背中など数カ所を果物ナイフで刺した疑い。呉署によると、森容疑者が自分で119番した。兄は市内の病院に搬送されたが、命に別状はないという。森容疑者は母と兄と3人暮らし。「けんかをしていて気付いたら刺していた」と供述しているという。現場は市役所から東に約800メートルの住宅密集地。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ