大音量で音楽を鳴らしていた大学生の車が救急車に衝突

7月18日午後7時45分ごろ、広島市中区舟入中町の国道2号交差点で、救急搬送中の府中消防署の救急車と広島県府中町の男子大学生(20)の軽乗用車が衝突した。同署などによると、交差点を北進していた救急車の左後方に東進していた軽乗用車がぶつかったという。急病で搬送されていた中区の患者にけがはなく、別の救急車に乗り換え、市内の病院に搬送された。救急車側の信号は赤だったが、赤色灯をつけてサイレンを鳴らしていたという。男子大学生は「車内の音楽と雨の音で直前までサイレンが聞こえなかった」と話していた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ