河井あんり氏のTwitterフォロワー数が溝手顕正氏を追い抜く

参院選も中盤を経過し、7月21日の投開票まであと1週間となった。広島選挙区(改選数2)では、自民公認が2議席独占か、それとも今だけ無所属が阻止するのか、注目が集まる。この3人の得票数の順位は今の段階で単純に予想できないものだろうかと考えてみた。そこで、政治家が利用しているTwitterのフォロワー数が、何か関連性があるのかどうか参考までに調べてみた。


2人のTwitterを開始時から見てみると、当初は溝手氏が常に河井氏を上回っていたが、7月14日、河井氏のフォロワー数が溝手氏を上回った。(河井415、溝手402)。翌15日はさらに差を広げた。14日は安倍晋三首相が広島入りして演説をした日だ。データは毎日チェックしていないが、およその傾向はグラフから読みとれる。


参院選公示日7月4日から7月14日までの増加数

自民2人の比較と森本氏(2013年開始)をTwitterでどう比較するか。これも参考になるか分からないが、公示日の7月4日から7月14日までの増加した数を出してみた。

溝手氏 402-300=102
河井氏 415-198=217
森本氏 1497-1343=154



溝手顕正Vs河井あんり Twitter

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ