石見海浜公園(浜田市)の海水浴場で広島県警警察官6人が流される

7月12日午後、島根県浜田市の海水浴場で広島県の警察官の男性6人のグループが次々に流され、このうち5人は救助されるなどして無事だったが、1人の行方が分からなくなっているという。浜田海上保安部によると、12日午後2時半ごろ、浜田市の石見海浜公園にある海水浴場で、男性6人のグループが遊んでいたところ、次々に流された。

このうち5人は自力で岸にたどり着いたり、救助されたりして無事だったが、1人でボートに乗っていて50メートルほど沖合で転覆した井上裕太さん(24)の行方が分からなくなっている。

広島県警察本部によると、流された6人は、広島県内の複数の警察署で地域課に所属する若手の警察官で、休みを利用して島根県浜田市に海水浴に出かけていたという。このうち、行方が分からなくなっている井上さんは広島南警察署の警察官だという。

海上保安部によると、海水浴場は海開きが行われる前で、遊泳区域はまだ設定されていないほか、監視員もいなかったという。また、現場付近はうねりのある大きめの波が立っていたという。海上保安部などは周辺を捜索したが、井上さんは見つからず、12日午後7時半ごろにいったん捜索を打ち切り、13日朝から再開することにしている。(NHK広島)



石見海浜公園 海水浴場


広島県警の警察官(24) 海底から遺体で発見

広島県警の警察官6人が島根県の海水浴場で沖に流され、このうち1人が行方不明となっていたが、7月13日朝、遺体で発見された。海上保安部などによると、広島南警察署の井上裕太さん(24)が行方不明になった島根県浜田市の海水浴場周辺で、13日朝から捜索にあたったところ、午前8時半ごろ現場から約100m離れた水深3mの海底で、うつぶせ状態で沈んでいた井上さんを発見し、死亡が確認されたという。

井上さんなど広島県警の警察官6人は、休日だった12日午後、遊びに来ていた現場の海水浴場で沖に流され、このうち5人は無事だったが、井上さんが1人で乗っていたビニールボートが転覆し、行方がわからなくなっていた。当時、周辺は約2mの波のうねりがあり、海水浴場はまだ海開きされておらず、監視員もいなかった。(TSS)



広島南警察署 井上裕太(24)



石見海浜公園 海水浴場 夏

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ