福山市加茂町で飲酒運転の10トントラックが電柱や生け垣に激突

7月11日朝早く、福山市で大型トラックが住宅の生け垣などに突っ込む事故があり、トラック運転手が酒気帯び運転で逮捕された。11日午前5時40分ころ、福山市加茂町下加茂で10トントラックが道路わきにある電柱にぶつかり、対向車線側にある住宅の生け垣に突っ込んだ。

トラックを運転していた井上忠之容疑者(51)は酒気帯び運転で警察に現行犯逮捕され、呼気からは、1リットル当たり基準値の3倍近い0.4ミリグラムのアルコールが検出された。井上容疑者は取り調べに対し、「昨夜酒を飲み、アルコールが残っている感覚があったが、事故をしなければ大丈夫だと思った」と話しているという。(TSS)



福山市 トラック飲酒運転事故


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ