安佐北の「牛角ビュッフェ可部店」で火事 5人が病院に搬送

7月7日夜、広島市安佐北区の焼き肉店で排気ダクトの一部が焼ける火事があり、小学生2人を含む5人が煙を吸うなどして病院に搬送された。7日午後7時すぎ、広島市安佐北区可部にある「牛角ビュッフェ可部店」で「ダクトが燃えている」と店員から通報があった。

消防車7台が出て火はおよそ30分後に消し止められたが、消防によると、焼き肉の煙を外に出す排気ダクトの一部が焼けたほか、客として訪れていた11歳の小学生の女子児童2人と、20代~40代の女性3人のあわせて5人が煙を吸うなどして体調不良を訴え、病院に搬送された。5人はいずれも軽症だという。

警察と消防によると、焼けたのは排気ダクトのうち店の建物の外にあるフィルターのあたりだということで、何らかの理由でフィルター付近に油が入った可能性もあるとみて詳しい原因を調べている。(NHK広島)




牛角ビュッフェ可部店 火災 火事
(Twitterより)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ