中川俊直氏が1年ぶりにTwitterを更新、地元で3万軒超の挨拶回り

政界復帰を虎視眈々と狙っている前自民広島4区の中川俊直氏(49)が、1年ぶりにTwitterとFacebookを更新した。Twitterでは18年7月14日から更新が止まっていたが、19年7月1日に更新された。内容は東広島市西条にある中川事務所の「耕道会館」で、健幸アンバサダー養成講座を開いたというもの。

内容をみると、嘘か本当か分からないが、2014年4月の騒動以降、地元で3万軒超の挨拶回りをしたという。そして俊直氏主催の養成講座には数十人が参加している。東広島では、まだまだ根強い中川家の支持者がいるようだ。内容をみると中川俊直氏は次の衆院選には出馬する気配だ。気力も体力も充実し、さらに転んでも這い上がるこの精神力は見習うところもある。そんな俊直氏を恐いもの見たさでもう一度、政界で見てみたい気もする。



広島県初の健幸アンバサダーが誕生。

私が常務理事を務める公益財団法人耕道会館主催による健幸アンバサダー養成講座を行いました。

筑波大学院の久野先生、塚尾先生による充実の3時間の講義で、広島県では初めてとなる100名の健幸アンバサダーが誕生しました。

健幸アンバサダーは地域において健康情報を身近に伝える伝道師で、私が衆議院議員時代、久野先生等と連携して政府の一億総活躍プランに健康推進委員を全国に配置していく事を盛り込んで貰いました。

2017年4月の一連の騒動以降、同年10月の総選挙への出馬を見送った上で、地元での3万軒超のご挨拶回りや西日本豪雨のボランティア活動等猛省の日々を過ごしておりますが、せっかくの貴重な時間を頂戴したので、今後も公益財団法人耕道会館を通じて、積極的に一国民、一市民としての社会貢献活動にも取り組んで参ります。(中川俊直Facebook、Twitter)


「出直します」無所属・中川俊直氏の新しいポスターが掲示される



中川俊直 2019年7月

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ