NHK広島が「NHKから国民を守る党」新人の加陽輝実氏(69)立候補を報道

7月21日に投票が行われる参議院選挙の広島選挙区に、「NHKから国民を守る党」の新人の加陽輝実氏が立候補することを表明した。加陽氏は7月2日、広島県庁で記者会見し「NHKのスクランブル放送を実現し、ワンセグやインターネットなどへの受信料の拡大を阻止したい」と述べ、7月21日に投票が行われる参議院選挙の広島選挙区に、「NHKから国民を守る党」から立候補することを表明した。加陽氏は、山口県岩国市出身の69歳。囲碁の団体の日本棋院に36年勤務し、事業部次長などを務めてきた。


この他の参議院広島選挙区立候補予定者

自民党の現職の溝手顕正氏(76)
自民党の新人の河井案里氏(45)
共産党の新人の高見篤己氏(67)
労働者党の新人の泉安政氏(66)
無所属の現職の森本真治氏(46)
無所属の新人の玉田憲勲氏(61)

参議院選挙は7月4日に公示され、7月21日に投票が行われる。(NHK広島)


NHK広島放送局前(広島市中区)の選挙ポスター

NHK広島前 選挙ポスター N国党

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ