警察官を装いキャッシュカードを盗んだ指名手配の男が東広島で逮捕される

警察官を装い、堺市の80代の男性からキャッシュカードを盗んだとして全国に公開手配されていた男が、広島県内で逮捕された。逮捕されたのは、住居不定・無職の福田裕人容疑者(24)。調べによると、福田容疑者は19年3月、警察官を装って堺市の80代の男性に「落とした現金が戻ってくる」などと電話をかけ、男性の家で別のカードとすり替えてキャッシュカードを盗んだ疑いがもたれている。

警察は公開手配していたが、6月21日、「東広島市内にいる」との情報があり、23日に逮捕したという。同じ手口の窃盗は去年1300件以上起きていて、福田容疑者が「ほかにもやった」と供述していることから、警察はこのうちの何件かは福田容疑者が関与した可能性もあるとみて調べている。(MBS)



カードすりかえ窃盗 福田裕人容疑者

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ