「結集ひろしま」代表にSNS画像だけ投稿して終りの佐藤公治衆院議員

6月23日、広島県の国民民主、立憲民主、社民各党と政治団体「新社会党」の県組織の代表が、広島市内で会合を開いた。夏の参院選に向け新政治団体「国民主権を取り戻すために結集する広島政党連絡会」を設立した。広島選挙区(改選数2)に出馬する無所属現職森本真治氏(46)を推薦することで合意した。

広島選挙区で自民党が改選2議席を独占するのを阻止するため、街頭演説やポスター配布などを通じて森本氏の支援態勢を強化する狙い。通称名は「結集ひろしま」とする。代表に就任した無所属の佐藤公治衆院議員(広島6区)は「一致結束して野党の議席を確保しなくてはならない」と強調した。(共同)


佐藤公治氏の「佐藤こうじ オフィシャルサイト」によると、現在、国民民主党・無所属クラブ。今まで所属していた希望の党は、5月7日(月)に解党となったという。

【佐藤公治氏が所属していた政党の流れ】

新進党 → 自由党 → 民主党 → 国民の生活が第一 → 日本未来の党 → 生活の党 → 生活の党と山本太郎となかまたち → 自由党 → 希望の党 → ※現在、無所属(国民民主党・無所属クラブ)

6月23日現在のTwitter フォロワー数 2242 (2012年6月開始)。但し、活動状況は画像だけを投稿して終っているため、ほとんどコメントがない。これでは活動した場所でどんな話をしたのか、どう思ったのかさっぱり分からない。




結集ひろしま 

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ