「船から兄貴が海に転落した」プレジャーボートでイカ釣り中の男性から通報

6月22日夜、広島市沖の瀬戸内海でイカ釣りをしていたプレジャーボートから43歳の男性が転落したという通報があった。22日午後8時20分ごろ、広島市沖の瀬戸内海にいたプレジャーボートの男性から「船から兄貴が海に転落した」と、広島海上保安部に通報があった。

広島海上保安部によると、海に転落したのはプレジャーボートの船長の43歳の男性とみられ、当時は、もうひとりの男性と2人でイカ釣りをしていたという。男性が転落したのは、広島港のフェリーターミナルから南に3キロほどの海上とみられ、海上保安部や消防が巡視船や航空機を出して周辺の海域で捜索を続けている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ