コンビニで釣り銭トラブルに言い掛かりをつけて恐喝した高齢者3人を逮捕

6月17日、広島中央署は広島市中区東白島町、無職坂本勲愛容疑者(72)を恐喝と強要未遂の疑いで、中区舟入中町、無職池田幸治(66)、中区白島九軒町、無職田中博美(71)の両容疑者を強要未遂の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、坂本容疑者は2017年11月25日、中区のコンビニで釣り銭を巡るトラブルから、30代経営者男性に「週刊誌に言って記事にすることもできる」などと言い、11月28日に30万円を脅し取った疑い。

さらに坂本容疑者は池田、田中の両容疑者と共謀。18年10月17日に池田容疑者が、19年4月28日に田中容疑者が同店を訪れ、弁護士に対応を任せた男性を、店員などを通じ「どういう状態になってもええんじゃの」などと脅し、弁護士を解任させようとした疑い。3容疑者とも否認しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ