海上自衛隊呉教育隊員3人がトランプゲームで詐欺賭博オール懲戒免職

海上自衛隊呉教育隊に所属する隊員3人が、去年、現金を賭けてトランプゲームを行い、複数回にわたって同僚の隊員から現金をだまし取ったとして懲戒免職の処分を受けた。懲戒免職の処分を受けたのは、海上自衛隊呉教育隊に所属するいずれも2等海士の21歳と23歳、それに24歳の隊員あわせて3人。

海上自衛隊によると、3人は去年4月から7月ごろにかけて、隊員が暮らす宿舎の中で現金を賭けたトランプゲームを行った際、事前に示し合わせたうえで複数回にわたって同僚の隊員から現金あわせて5万7000円をだまし取ったという。だまし取った隊員が周囲に話した際に上官が気づき発覚したということで、自衛隊の調べに対して3人は「退屈だったので刺激を求め、現金を賭けた」などと話しているという。

また、海上自衛隊は現金をだまし取られた隊員数人に対しても賭け事に参加していたとして処分することにしている。呉教育隊司令を務める淵崎直樹1等海佐は「本件を厳粛に受け止めて服務指導を徹底し、再発防止に取り組みたい」とコメントしている。(NHK広島)


海上自衛隊呉基地

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ