「広島働き方改革110番」自閉症社員や反抗的女子社員の対応策は?

職場での長時間労働やハラスメントなどに悩む人たちに対応する無料の電話相談が広島市で行われているという。この「働き方改革110番」は広島弁護士会の弁護士でつくる「広島過労死問題研究会」が行っているもので、6月15日午前10時の受付開始から3人が相談に応じている。

今年4月、残業の上限規制などを盛り込んだ「働き方改革関連法」が施行され、企業の労務管理のあり方に関心が高まっているが、早速、残業代の未払いなどについて相談が寄せられていた。

「働き方改革ということで、かえって残業代が付きにくくなったり、逆の方向で困っている人もいるのでは。できるだけ多くの選択肢、相談先を紹介できればと思って紹介しています」(広島過労死問題研究会 佐藤真奈美 弁護士)(RCC)


広島自閉症社員
当サイトカテゴリーの「広島のまことちゃん」を参照。まわりを片付けろと何度言ってもシラを切って無視をする30代社員。

広島反抗的女子社員
20代前半の女子社員で安佐北区のFランク大学を卒業。身勝手でわがままな性格だが、会社は退職者を出さないようにと何も注意、指導をしない。もちろん、社内教育や研修など一切ない。その結果、とんでもない女が完成している。

こんな連中と仕事をしなければならないから、本当に困っているのだが、弁護士のセンセイにはどうしたらいいのか教えてほしいものだ。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ