立憲の枝野代表、塩村氏の擁立に反対だった

19年夏の参院選を前に、立憲民主党東京選挙区の塩村あやか支部長が、またまたやり玉にあげられているという。週刊FLASHによると、「誰がこんな『プラチナチケット』をあげたのよ。当選確実な東京選挙区から出られる塩村さんは、ラッキーね」と、2019年1月末、立憲民主党の蓮舫副代表(51)は、周囲に皮肉まじりにこうぶちまけたという。


【東京選挙区・塩村氏】
「とはいえ、1月25日の塩村氏の擁立会見に、蓮舫氏は同席している。『塩村氏を子飼いの議員にできる』と踏んだからだろう」(立憲所属国会議員)

塩村文夏・元東京都議(40)にとって、蓮舫氏の支援は魅力的。当選はさらに確実になったはずだった。しかしその後、立憲の支持率は急落。党執行部が、東京選挙区にもうひとり候補を擁立する強攻策に出たため、蓮舫・塩村両氏の思惑はひっくり返された。

「それも、枝野幸男代表が塩村氏の擁立に、もともと反対していたから。塩村氏は苦しい立場に追い込まれた」(前出・立憲議員)

「元みんなの党の塩村氏に、立憲の支持母体である労働組合が反発している。苦戦必至だ」(政治部記者)

【大阪選挙区・亀石氏】
東京とは逆に、枝野氏が直々に口説いたのが、大阪選挙区の亀石倫子氏(44)。刑事事件の弁護で豊富な実績を持つ、美人弁護士だ。昨秋の擁立会見で枝野氏は、「大事な目玉候補。議席を獲得するために、全力を挙げる区」と息巻いたが。

「街頭演説に立つと、『きれいすぎてあかんわ。大阪人には受けへん』と言われてまう」

辻元清美国対委員長(59)はこう愚痴っているという。同じ大阪を地盤とする亀石氏を、「全力を挙げ」て支援していたはずの辻元氏。

「最近は、『国会が忙しくて参院選どころじゃない』と辻元氏ら国対幹部は嘯いています」(野党担当記者)

6月5日朝、なかなかチラシを受け取ってもらえていなかった亀石氏を、街頭で見かけた。

「大阪選挙区は、自公や維新の候補者に埋もれ、亀石氏は厳しい情勢」(前出・政治部記者)

辻元氏が冷たくなったのは、落選の責任を押しつけられたくないということか。

【山尾氏】
亀石氏と同学年、同じ法曹出身で、共闘が期待されたのが山尾志桜里衆議院議員(44)だ。しかし、統一地方選真っ最中の4月16日、その山尾氏がフェイスブックに書き込んだ投稿が物議を醸した。

《こんな私にも応援依頼あるのですが、おおむね申し訳なくもお断りしております》

「立憲は事実上、枝野代表と福山哲郎幹事長の独裁体制になっている。蓮舫氏、辻元氏、山尾氏ら発信力のある女性議員は、ガンガン与党を攻めるのが役目。

でも、枝野・福山両氏は、彼女らが意見するのをおもしろく思っていない。山尾氏は完全にやる気を失っている」(政治ジャーナリスト)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ