2020年東京オリンピック・聖火リレー広島県内のルートを発表

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6月1日、五輪聖火リレーのルート概要を発表した。3月26日にサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県)を皮切りに、計857市区町村を121日間かけて回るという。日本を代表する文化財や自然豊かな景色を巡るのが特徴で、7月24日に新国立競技場(東京都)で行われる開会式で聖火台に点火される。

聖火が滞在するのは、開催地の東京15日間以外、他の道府県は2、3日間ずつとなる。東日本大震災の被災3県は3日間と優遇された。岩手県は津波に耐えたことで知られる「奇跡の一本松」(陸前高田市)を近くで見られるルートを選び、「復興五輪」のメッセージを発信する。平成28年の地震で大きく崩れ落ちた熊本城(熊本市)も選定された。

ルートには、各地の世界遺産が多く組み込まれており、群馬県は富岡製糸場(富岡市)、広島県は原爆ドームがある平和記念公園(広島市)、兵庫県は姫路城(姫路市)など。大阪府では、今夏に世界遺産になる見込みの「百舌鳥・古市古墳群」(堺市など)が入った。

富士山(山梨・静岡県)、日本三景の天橋立(京都府宮津市)、鳥取砂丘(鳥取市)など、美しい景色を眺めながら、ランナーが駆け抜ける。ランナーは1日当たり約80~90人で、計約1万人が参加する。

大会組織委によると、聖火リレーの実施自治体と、そこから交通手段で1時間以内に移動できる距離の人口は日本全体の98%。多くの人が沿道に応援に行けるという。

47都道府県は昨年末までに、独自に作成したルート案を組織委に示した。日程の関係からルートを縮小した所もあるが、組織委は「自治体の案を尊重した」と強調。どの道路を通るかなど詳細な経路は年末までに決まるという。(産経)


広島県内は12の市町を2日かけて走り回る

来年の東京オリンピック・聖火リレーで、広島県内では12の市と町がランナーのルートに入ったことが発表された。20年3月に福島県からスタートする聖火リレーは、島根県から広島県に入り、20年5月18日と19日の2日間、12の市と町を回る。まず、1964年の東京オリンピックの開会式で最終聖火ランナーを務めた坂井義則氏の出身地三次市をスタートし、去年の西日本豪雨で被災した呉市や坂町などを周り、広島市の平和公園で祝賀行事を行う。

2日目は、廿日市市からスタート。世界遺産宮島を走り、瀬戸内沿いに県東部へと進み最終的に福山市で祝賀行事を行う。ランナーは一人当たり200メートルずつ走る。詳細なルートは、年末に大会組織委員会から発表される予定。(RCC)


1日目5月18日(月)
三次市→庄原市→東広島市→呉市→坂町→広島市

2日目5月19日(火)
廿日市市→海田町→三原市→尾道市→府中市→福山市



聖火リレー 広島県内ルート


聖火リレー 広島県ルート

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ