福山市が友好都市の韓国・浦項市を訪問 徴用工・慰安婦問題を共同作業画策か

福山市は、韓国・浦項市との親善友好都市提携の締結40周年を記念し、5月31日~6月2日に中島智治副市長を団長とする訪問団を現地に派遣するという。市議会の早川佳行議長たち市議4人、観光アシスタントのローズ福山2人、随行職員2人の計9人。浦項市町を表敬訪問し、40周年記念植樹をする。

国際花火祭りのパレードに参加し、福山をアピール。北東アジアの経済協力に関するフォーラムへの出席や風力発電団地の視察も予定する。

今回、市民訪問団20人も合わせて現地入り。備後ばらバラよさこい踊り隊のメンバーを中心に構成し、海外交流都市公演でよさこい踊りを披露する。両市は1979年1月に友好都市提携を結んだ。浦項側は今月、福山ばら祭に訪れている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ