住宝海運(呉市)の「すみほう丸」が過去に2度事故を起こしていた

千葉県銚子市の犬吠埼沖合で5月26日、今治市の海運会社の「千勝丸」(499トン)と広島県呉市の海運会社の「すみほう丸」(呉市)が衝突し、千勝丸が沈没、乗組員2人が死亡した事故で海上保安庁は29日、沈没した船内の捜索を終了すると発表した。今後は、現場周辺の海底や水面を中心に捜索を続けるという。27日に船体をたたくような音がして、生存者がいる可能性もあるとみて捜索したが、発見には至らなかったという。

第3管区海上保安本部によると、5月29日午前9時すぎまでに、居室を含む船内全ての捜索を終えたが、行方不明になっている秋田市の瀬野博さん(69)と愛媛県今治市の馬越才五さん(67)は見つからなかったという。海保は捜索を続けるとともに、事故原因などを捜査している。(時事)

犬吠埼の沖合で今治の貨物船「千勝丸」と呉の貨物船「すみほう丸」が衝突


「すみほう丸」 過去に2度事故を起こしていた

JTSB 運輸安全委員会のHPの船舶事故調査報告書によると、住宝海運有限会社(呉市)の「すみほう丸」が過去に2度事故を起こしていた。当時の船長はいずれも五級海技士だった。


2010年 貨物船「すみほう丸」乗揚事故
発生日時:2010年5月11日5時35分ごろ
発生場所:三重県志摩市大王埼南西方沖
貨物船:「すみほう丸」
船長:男性 44歳 五級海技士(航海)
次席:一等航海士 男性47歳 三級海技士(航海)
死傷者等:なし
損傷:船底部に凹損及び亀裂
気象:天気 雨、風向 北東、風力 4、視程 約3M


2014年 貨物船「すみほう丸」と漁船「蛭子丸」衝突事故
発生年月日:2014年05月11日
発生場所:愛媛県上島町高井神島西方沖
貨物船:「すみほう丸」499トン 「えびす丸」1.7トン
船長:「すみほう丸」五級海技士(航海) 「えびす丸」二級小型船舶操縦士・特殊小型船舶操縦士・特定
死傷者等:「すみほう丸」なし、「えびす丸」軽傷2人(船長及び甲板員)
損傷:「すみほう丸」左舷船尾部外板に擦過傷 「えびす丸」船首部に凹損
気象:天気 晴れ、風向 北、風力1、視界 良好

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ