平和記念式典のデモ拡声器使用アンケート結果に戦々恐々の団体

8月6日の平和記念式典の際、会場の平和記念公園(広島市中区)周辺でのデモによる拡声器の声に関する広島市の市民アンケートを巡り、当日にデモをしている5団体が5月22日、市にデモの規制に反対する申し入れ書を提出した。申し入れは昨年12月以降、4回目だという。

「8・6ヒロシマ大行動実行委員会」や「すべての原発いますぐなくそう!全国会議(NAZEN)ヒロシマ」などのメンバー5人が市役所を訪れた。市条例による拡声器の規制を選択肢に入れたアンケートを批判し、「改憲して戦争ができる国にしようとする安倍首相の話を『黙って聞け』と言う、市の姿勢に違和感を覚える」などと訴えた。

アンケート結果について、市民活動推進課の山根孝幸課長は「市議会に示す方向で考えている」としており、6月12日開会予定の市議会定例会での議論が注目されている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ