深夜にマンションのドアを開けようとした暴力団組員を現行犯逮捕

佐伯署は5月22日午前4時半ごろ、竹原市本町3丁目、指定暴力団俠道会長江組組員佐々木勝哉容疑者(55)を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、広島市佐伯区内のマンション敷地内に正当な理由がないのに侵入した疑い。同署によると、3階の部屋の前でドアを開けようとしたり、インターホンを鳴らしたりするのを不審に思った部屋の住人男性が110番。マンションから走り去るのを駆け付けた署員が見つけて取り押さえた。佐々木容疑者は「知人の家を訪れようと思った」と供述しているという。男性は、佐々木容疑者との面識はないと話しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ