八坂山が火事、山林6000平方メートルを焼く

5月11日午前、広島県廿日市市にある山から火が出た。この山火事のため、JR山陽線が現場付近で5時間にわたって運転を見合わせるなどの影響が出た。11日午前11時半頃、廿日市市大野にある八坂山(はっさかやま)で、「山の木が燃えている」という通報が相次いだ。地元の消防やヘリコプターなどが消火にあたり、延焼の危険はなくなった。消防によると、これまでに山林およそ6000平方メートルが焼けたという。山火事や消火活動のため、JR山陽線は、五日市駅から岩国駅の間で一時運転を見合わせ、一部の列車に運休などの影響が出た。また、国道2号も、断続的に通行止めや片側交互通行の規制となった。(RCC)



廿日市市八坂山 火事

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ