東区曙で夜明け前から自転車で女性に近づき触りまくった飲食店従業員を逮捕

5月9日、広島東署は広島市東区曙5丁目、飲食店従業員新屋直人容疑者(32)を県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、18年7月31日午前5時半ごろ、南区大州4丁目の路上で、通学中の府中町の女子大学生(19)の上半身を、約30分後、東区矢賀2丁目の路上で通勤中の同区の女性看護師(49)の上半身を服の上から触った疑い。同署によると、いずれも歩いていた女性の後ろから自転車に乗って近づき、追い抜く際に右手で胸を触った。現場付近の防犯カメラの映像などで割り出したという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ